妊娠しやすいサプリがあると聞きマカと亜鉛を購入

妊娠しやすいサプリがあると聞きマカと亜鉛を購入した私達の妊活体験談です。何か妊娠しやすくなる方法がないものかと探している方がいれば、サプリなども試してみてはいかがですか。
結婚して5年、待てども待てどもコウノトリは微笑んでくれず、これはもうどっちかに問題があるに違いないと勇気をだして病院に行きました。

一通りの検査の結果、妊娠しない訳じゃないけど、妊娠しにくい状態で。特に旦那の結果が思わしくなく、何か月かタイミングでがんばってみてダメなら体外受精か顕微授精に切り替えましょうと言われました。
まさかまさかそんなという気持ちで目の前が真っ暗でした。ネットとかテレビとかで妊活が話題になってて、気にはなっていたので少しは知識がありましたが、まさか人工授精をも通りすぎていきなり体外、まして顕微授精なんて。と旦那と途方にくれました。
ただ、お医者様曰く、「卵管造影検査をした直後は妊娠率上がるからそんな悲観的にならないで。男性はその時の調子や緊張とかで結果が変わるから、いったんサプリとか食べ物とか変えて。そこから次のことは考えましょう。」と。
旦那はポジティブ人間なので「そうかー。じゃぁとにかく良さそうなサプリでも買ってみるか。」とかたっぱしからネットで検索しまくり、マカと亜鉛のサプリを購入。マカは女性にも良いとのことでさっそく飲み始めました。
ところが飲み始めてすぐに旦那に異変が。「なんか胃もたれみたいな。吐き気とまではいかないけど、なんか気持ち悪いような。」「え。私は特になんにも。昨日食べすぎたんじゃない?」「うーん」こんな会話を繰り返し、やはりこれを飲むと調子が悪いという結果に行きつきました。
私は調子も良かったのですが、普段サプリとか全く飲んでない旦那にとっては精神的にも良くなかったのかも?気持ちの問題かな?と思いつつ、無理に飲ませるのは余計に良くないと思ったのでいったんサプリは中止しました。
そこで行き着いたのが「カキ」でした。
ちょうど季節は冬なのでカキが美味しく手に入りやすい季節ですし、私たち二人ともカキが大好きなので、これなら旦那にプレッシャーをかけずに食べさせられるとカキ妊活を始めました。女性より男性の方がこういうことに関してはナイーブだと思ったので、毎日は出さず「安かったから」とか言って、二日に一回くらいのペースでカキ料理を食べさせました。カキフライにバターソテー、蒸し焼きに中華痛め、チゲ鍋とあらゆる料理にいれる日々。
そんなこんなで3か月たち、「卵管造影検査」のゴールデン期間である3カ月間は終わってしまい、お医者様とも話し、年明けに体外受精等の高度不妊治療専門のクリニックへ転院することにしました。なんとなくネットで調べていて覚悟はしていましたが、20代の私たちにとっては簡単にホイホイ出せる金額ではないので不安でしたが、やるしかないと、旦那とクリニックへ行きました。
すると、なんとまさかの妊娠発覚したのです。生理周期を聞かれたので、普段はほぼぴったり30日なのに今回体外受精の緊張からか4日ほど遅れてることを伝えたら、念のためHCGも検査項目に入ることになり、結果、まさかまさかの妊娠でした。
うれしいというより驚きの方が大きくて、転院前の病院に報告した時に初めてうれしさがこみあげてきました。
世の中いろいろなサプリはありますが、サプリを飲むと一気に「妊活感」が増します。そういうのが苦手だったり、逆にプレッシャーを感じる旦那も多いと思うので、まずは食生活で亜鉛を取り入れるのも良い方法なんじゃないかなと思いました。
本当は旦那と二人三脚なのが一番だと思うのですが、芸能人のようにみんながみんな協力的な旦那ではないし、サプリやらを強要することで夫婦関係がうまくいかなくなったり、旦那のプライドを傷つけてしまう方が私には怖かったので、なるべく妊活感が出ないようにすることを考えました。
特にうちの場合は、「もう体外受精ですね」と言われていたのもあって、タイミングにそこまで力を入れてなかったのも気楽だったのかもしれません。うちのようなパターンの旦那さんには是非「カキ料理」をおすすめします。
ただ、知人でもサプリを飲むようになって妊活に成功した夫婦もいるので、妊娠しやすくしてくれるサプリが体質に合う場合は、多いに利用する価値が思っています。勘違いしないでくださいね。
妊娠しやすいサプリの手引き